朝鮮の南蛮交易品

■朝鮮の南蛮交易品

 私は南蛮交易について日本の交易品に関してしか知らない。それも日本画、狭織、種子島等ごく一部。もっと南蛮交易について知るべきである。という事を建前に、アジアの全港開港をめざす。南蛮交易は街の状況変化で相場が大きく変わるため、コレでOKというものをなかなか一概に言えない部分がある。

 いくつかの大航海時代ONLINEの攻略情報サイトで調べていった結果、あまりはっきりとプランを立てずにいつものようにワインをもっていく…。さらに調べていくとどうも日本の交易品は東アジア他の3つの文化圏であまり人気がないのではないかと思い始めた。その中で見つかったのが『日本刀』を朝鮮と台湾に持ち込むとかなりの高レートで交換できると言う事。ただ、台湾の場合は淡水の武具在庫が多いので、おそらく安平でないと駄目。という風に、最初に進物して開港する港では交換率が悪いものが多い。持ち込みに関しても、持ち出しに関してもかなり良いタイミングでないと手持ちの交易品の数がどんどん減っていってしまいそうである。

 今日のその良いタイミングがあり、朝鮮の浦項が水害で武具の在庫が下がり交換レートがあがっていて、持ち出すものはイベリアで高値がつく『サンショウ』(香辛料)とした。堺で武具の日本刀を積み込み、、、いつもはワインでほぼ1:1なのになぜかこういうときに限ってレートが低いという…待たされる。グラフをみると浦項の水害が解消される2ターンか3ターン前で積み込み完了。あとは浦項に日本刀を持ち込んで交換。日本刀>サンショウが約1.18倍で交換できた。この数が増えたサンショウをどこかでもっと別のものへ交換できれば、どんどん増えていくみたいな感じで回せるんだろうけど、多分サンショウじゃ無理。さっさとアジアを後にする。

東アジアの安全化は明日の夜まで。
朝鮮、華南、台湾のうちどこか一つでも二番目の港を開港させたいところである。


■ちょっと別のキャラクターでジェノスク。

 俺が言うのもなんだけど、明らかにセカンドキャラクター、あるいは他のサーバーでそれなりにやりこんだ人のキャラクター、というのが判る人と組んでいた。大航海時代ONLINE本当の初心者のジェノバスクールでの状態は、修理ほとんどなし、常に外周、アイテムも揃ってない、船員が少ない、、、こんなのが普通。ジェノスクである程度海事に慣れてるなと思える人(海事20レベル以上)でも相当不安な人は多々居る。

とまぁ他人のことはおいておいて、なぜ経験値効率の悪いジェノスクに参加してるかと言うと名声が欲しいわけさ。もっというとそれによって得られる入港許可がほしいわけ。ポルトガル国籍のこのキャラクターが名声のみでカリブまでの入港許可を得ようとすると28000くらい必要になる。ふむ、その程度…交易名声でいいならすぐに上げられる。でも交易名声を上げようとすると交易レベルが上がってしまう。このキャラクターは交易レベルは上げたくない。とにかく海事特化させたいみたいなね。体験アカウントの時、すでに機雷発見を含めた戦闘系スキルはALL上限のR5にしてある。そのかわり言語はポルトガル語だけだし、会計も社交ももってなかったりする。

 とりあえずの目標は中南米東岸入港証を得て『航行技術』と『兵器技術』を覚える事だ。

スポンサーサイト



プロフィール

雷鳴

Author:雷鳴
大航海時代ONLINE

鯖:基本NOTOSサーバー活動
国:基本ポルトガル
型:基本オールラウンドプレイヤー
大海戦MVP:2回(対英1、対西1)
週間レース優勝:3回
[1週間公式ランキング記録]
戦闘ランキング三冠:11回
戦闘ランキングニ冠:9回
最高獲得冒険名声62642
最高獲得交易名声350000
最高獲得戦闘名声214078
最高獲得戦闘名声350000(ガナ護)
最高勝利数4314
最高戦功数17335
最高戦功数41916(ガナ護)
[2週間公式ランキング記録]
戦闘ランキング三冠:2回
戦闘ランキング二冠:1回
最高獲得戦闘名声153517
最高勝利数6783
最高戦功数27265
[ガナドールソロRTA]
87分24秒(1期)
[CDS世界周航レース]
第3位…145日
[2AGE世界周航レース]
不参加

長期休止:2回合計約3年半

対人はほぼ引退済み。現在は目指せN狩りマスター…とかいいつつ、商会維持のために1ヶ月ごとの課金。

FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別全記事表示
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
ブログランキング

FC2Blog Ranking