• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

大海戦(N狩り)のまとめ

第n回 大海戦(N狩り)のまとめ

 もはや第何回目なのか全くもって不明(85くらい?)の大海戦。3回ほど前の開催から大海戦の仕様がまたしても変更になり、対人におけるレベル差に今更ながら修正が入った。要点はこう。

 ・自分よりいくら合計レベルが高い相手を撃破しても戦功は固定
 ・自分より半分未満の合計レベルの相手を撃破した場合は今までどおり戦功0

と、同時に…

 ・NPCを撃沈した時も対戦時間帯にかかわらず戦功1を得られるようになった

だから、このところ微妙に流行る兆しのあるN狩り艦隊。
うん、まぁそれをやってきたわけだ。


実践

 今回のNでの大海戦の海域はバンダ海と西カロリンという東南アジア区域で行われた。金曜日、偵察に徹する。なにせN狩りなんてやった事がないので、どの区域にどのようにNPCがPOPするかなどの情報は実際に自分の目で調べてみないとほとんど判らない。ただ、判っていたのは今回彼我の同盟港数が同じなため、初日のNPCのPOP数は同じくらいなんじゃないかなという推測情報だけ。

 海戦が始まり実際に海域を歩いてみると、これもある程度予測はできていたのだが、普段NPCがPOPしているあたりに大海戦用のNPCがPOPしてた。今回で言うと大きく分けて5つのPOPポイントがあって、日曜日に実際にやってる時にはそれを頭においていた。
 1.ルン北の西カロリンに入ったあたりの小島の周り
 2.ニューギニア島3連島の周囲
 3.ディリ東及び北
 4.ルン~アンボイナ間
 5.マカッサル東及び港前


 実際にN狩りしたのは日曜日で、土曜日はいつもの艦隊に混ぜていただいてた。…オスマンがネーデル側に浮気したので今回は戦闘員が使えなくて旗艦ではないです。強引に交易キャラを土曜、日曜と大海戦で使いました。非連盟国のポルトガルの戦闘員は投票してなかったwエヘヘwみたいな…。金曜、土曜で大差が付いて自陣営が負けていたので、相手のNPCのPOP数が多いのではないかと期待はしてた。

 使用した船は、小型:ガンボート、中型:将官用コルヴェット、大型:アイアンサイズ(チーク性能)。いずれも加速強化1付き、中型と大型は急加速付き。追加装甲をつけない為、耐砲撃装甲も重要。

1.ルン北の西カロリンに入ったあたりの小島の周り
 一番美味しいのはココ。倒すそばからPOPするという感じでずっと居座れれば戦功500だって夢じゃないみたいな場所である。だけど、一番邪魔の入るのもココ。相手の対人ペアならある程度仕掛けられてもしかたないと思うが、N専が仕掛けてくる事があって非常に面倒だった。こっちの艦隊はある程度各人が撃沈して楽しむ事を考えて3人だったので、5人のN狩り艦隊の標的にはなってたかもしれない。所詮N専だから板ついてなくてもやられませんが、対人やりたいならちゃんとペア組んでそれなりの場所やれ…偵察必須。

 もう1点。この一番美味しいポイントに一番近い港がルン。このルンが今回攻撃側であるフランスの攻撃対象港となっていて、自分たちは補給や編成ができないというのがN狩り艦隊にとっても大事であった思う。実際に日曜日は2、3回ほどここで解散して編成はアンボイナで…みたいな事があった。遠い上に東からでは逆風なんですよw

2.ニューギニア島3連島の周囲
 俺が日曜日にやるN狩りで拠点にしようと思ってたのがここだった。けど、日曜日は偵察した金曜日よりもPOP数が少なかったので少し予定が狂ったところがあった。戦功のノビがイマイチだった原因の1つがここの場所のPOP数だった気がする。

3.ディリ東及び北
 多くPOPすることがあっても島の東に2つ北に2つがせいぜい。さらに対人戦がおこる事もあるディリ前とあってそんなに近づきたくはなかったが、他のところが駄目ならしかたない。日曜日はそういう考えがあったにしては狩れた方だと思う。

4.ルン~アンボイナ間
 超危険地帯(笑)。今回の大海戦で一番の対人激戦区はアンボイナ前だったので、そこであぶれた艦隊がルンの方へ漏れてくる可能性が大。言うてあんまり近づかなかったのもあったけど、実際にN狩り中に乱入されたのは1回だけだったな。しかも相手のN狩りペア無し艦隊。

5.マカッサル東及び港前
 ここもアンボイナ西~マカッサルまで航行して出会える敵NPCは3艦隊くらいとそんなに多くなかった。どうもここだけじゃないんだが、相手のN狩り艦隊がルン北の地域に集中してて他の場所で味方NPCが数多く放置されていた。それがルン北以外の地域で敵NPCがあまりPOPしなかった大きな原因はないかと思っている。逆にルン北は敵のN狩り艦隊が味方NPCを次々処理するので敵NPCが大量に残されていた。


まとめ

 当初はニューギニアの三連星~ルン北の西カロリンを往復する感じでやろうと思ってたのだが、ニューギニアの方は思いの他POPが悪く、ルン北の方は思いの他邪魔が多かった。だから他の地域にも行かざるを得ず、必然的に時間を浪費してしまったのがちょっと残念だった。残念だったけど反省してどうなるものでもない。

 2AGEになって工作や構築のようなものが実装されてから、以前なら野良あるいは商会艦隊で大海戦に出てたそこそこ未満の腕の人がそっちに流れてるきらいがある(注:今回は少なかった)。つまり対人してる艦隊のうち、いわゆる”狩られごろ”の艦隊が少なくなっているわけだ。単純に参加人数の絶対数が減ってると言うのもあるけどね。だからちょっと雑食や対人をやってみようという人にとっては厳しい事になっている。

 しかし、この度(といっても2回前から)の仕様変更でやや変化を見せるかもしれない。それはN狩りで戦功が稼げる事が広まれば、N専またはN狩り含めた雑食へ工作や構築から人が流れる可能性はある。まぁそれも単に戦功目的なわけだから一時的にすぎないが。



スポンサーサイト



矛盾してる考えで大海戦

矛盾してる考えで大海戦

 矛盾してる考えで大海戦に2日間参加してまいりました。

 初日6/21(金曜日)は、参加するつもりは無かったのですが、東アジアから定期船に乗って帰ってくるとなんとなく準備が間に合いそうな感じでした。動けるアカウントの追加キャラの方に大海戦用の装備がしまってあります。といっても普通の名匠カロネードや普通の装甲というのが悲しいところ。

 ついでに小型、中型用の船もこのキャラクターに収めてあって、大型船だけ動いてないアカウントのキャラクターに持たせていた。だから、私は集合場所のセウタに行き”小型中型希望”なーんてコメントで座ってみたのですが、

 今時、んな募集1個もない!(土曜日もな)

 こういう希望が通用したのはEサーバーで参加してた2年くらい前までかなぁと。それどころか最近では3連希望しててもタイミング次第で難しいみたいな時ありましたね。大海戦意欲の減少>参加者の減少>艦隊の減少、この辺は間違い無い所だねぇ。結局、金曜日はフレが提督やってる艦隊に誘ってもらえたから、急遽休止アカウントを掘り起こして船を移動させて参加した。


【 投票結果 】
アルギン 4%
カサブランカ 41%
グアム 4%
ディヴ 1%
セウタ 45%
静観 0%

 実際、なんで攻撃側はセウタを対象港に選んだんだって疑問がある。近場を利点に選択したのに対戦する相手に困るような状況じゃ意味無いな。こうなったらグアムとか選んでくれてどんな状況になるのか見てみたい気がする。そんなとこ選んでお前ら一体どこで補給すんの?wみたいなね。

 金曜日はそんな感じで小型はそこそこ、中型は全く、大型はそこそこみたいな対戦数だった。対戦数だけ見ると中型もそこそこあるんだけど、ほとんどがペア無し小規模艦隊なんで数に入らない。大型戦で最後の方で連敗したのはフォロー力の差だなと思った。それは提督に対するフォローだけでなく、アタッカー同士のフォローにも言える。

 例えばうちの提督が悔しがってた、最終的に数的優位な状況からのフリー抜けクリで負けた一戦。あの一戦は本来、開幕20秒くらいで終わっててもおかしくなかった。俺が援軍に入った直後、敵提督にフリーで抜けクリ入れてるから。でもダメージが足りなかった。だれか一隻でも横から撃ってくれてれば…。んでもこれは俺自身にも言えてて、逆に俺がコンボ入れるのをさぼってた事があった。コンボだけじゃなくて誰かが敵提督のクリ位置で停船したら、それを排除しに来る敵に白兵しにいくとかいうのも、多分普段から模擬やってる人同士以外では皆無に近かったと思う。

 今の俺が入るのにはもったいないくらいの艦隊だっただけに、なんも働けてなかったのが申し訳なく残念に思う。


 土曜日、若干大海戦参加というものの価値に疑問を感じてた俺は、何か目標をもって参加しようかなと考えたところ、そうだ提督の練習でもしようと再びセウタで参加希望してみる。そうなんだ、もう俺にとって大海戦とはイスパニアで出る時がメインのような感じになってきてる。大海戦はあっちの旧所属商会の艦隊で頑張りたい。全てはそのための布石。

 野良募集で適当に入り、そういうのって大抵艦隊集めた人が”旗できる人いませんか~?”とか聞いてくるのでそこで希望して提督の練習するみたいなプラン。そして全ては予定通り。ペア艦隊もあっさり決まって、ま~この日は小型で即沈みまくったんだけどやりたい事やったからそれなりに満足はした。

 ペア艦隊の提督って先行する艦隊か、基本援軍ではいる艦隊か、どっちが難しいか??

 これは人によって好みもあるだろうし変わってくるよね。昔の俺だったら援軍側を選択しただろうけど、今なら断然先行側。先行する側も援軍側も6回対戦するなら変わりはなくても、6回対戦する機会って半分あるかないか。必然的に先行する方の提督が旗艦になる機会が多くなるので、そういう意味では先行側が難しい。しかし、援軍側は援軍に入るまでの行動が難しい。混戦だと少し離れただけで見失いそうになる。援軍に入る時、すぐに入るのかポジションをじっくり狙うのか判断しなければならない。こういうのが俺は苦手なんで提督やるなら今なら先行側が好きだ。

 特に今回と同様の敵がイングランド・ヴェネツィアペアだと難しい印象がある。なぜか?? 逃げ提督(そっちから仕掛けながら開幕外周に逃げ出す奴)が非常に多いからw理想は開幕即ベストポジションで入る事を目指す…というのはおいておいて、どうしても反応が遅れる時がある。そういう時にどっちかというとポジション重視にしなきゃならん気がする。


 日曜日、最終日は最初から参加する気無かった。というのはアカウントの期限がこの日までだったので、装備品をタロット”女帝”で修復して船部品専用の追加キャラに戻さなければならないから。全部修復終わるのに女帝7回分くらいだったかな。途中1回、港でぼーっとしてて(ryなどという事もありながらもなんとか修復終えて期限までに戻せた。

 あーちなみに俺、提督やるときは斥候でやってる。操舵優遇は失いたくないし、回避+2頭装備や戦闘教導書は無いからね。



それにしても重なる

 前回の南米の時もだけど重なるんだ、別ゲーのイベントと。



甲板戦が完全合意制へ

甲板戦が完全合意制へ

 最近、HDDがクラッシュしやがって超萎えてる俺です…。

甲板戦が完全合意制へ
 え?なんでw いや、なんで今頃? 大海戦や模擬戦が合意制になったのは甲板戦実装から1ヶ月~2ヶ月くらいだったよね(リンク先は公式サイトの開発チームより)。これまたシップリビルドと同じく、今まで外洋の対人戦のためにスキル鍛えてきたのが無駄になる変更。コーエーってこういう変更好きだねぇ。こういう手法はアイテム課金で課金釣りするときにやるもんだよ。先日来行われていたアンケート結果を見て変更を決断したか?右往左往してるのが見て取れる、舵きり過ぎると勢いがでないのはゲームとおんなじだと思うぜ。

 俺が賛成か?反対か?となると、結構難しいところではある。全く反対では無いし、一概に賛成でもない。変更にやりすぎ感がある。以前、書いたような気がしたが、俺が考える外洋甲板戦の問題点は”リスクなく簡単に甲板戦に入れる点”にある。この点を例えば”甲板戦突入率を現行より下げ、甲板戦突入失敗時は素撤退失敗時と同じリスクを負う”、これくらいの変更が妥当だと思っていた。もちろん対人対NPC区別無くね。今回発表の変更はちょっと極端すぎだわ。

 おそらく再変更はないであろうこの変更で、疑問が無くなったかというとそうではない。


というかね…甲板戦いや陸上戦で最も変更しなければならないのはレスポンス(操作性)の悪さだろ

いつになったら改善されるの?コレ


2AGEチャプター4『北方の獅子』情報その1

 さて、みなさんはこのページのどの部分に注目されましたか。

新しい船?
スウェーデン王国?
それとも、本国で特別アイテムが販売されるキャンペーン?

俺はどれでもない。

バルト海安全化

ざけんなと…。どうしてこうなんでもかんでもぬるくするんだこのク○運営は!
ストックホルムは本拠地なのに投資可能な謎仕様らしい。メモリアルアルバム『ヴァイキングの英雄』の鎧がバルト海では3つ(レイヴ含めると4つ)取れるんだよね。どれも被奇襲型なのが幸いかな。もしレアPOP型のだったら安全海域化である種のウゼーのが沸いてくるのが目に見えてた。そのうち黒海も安全化しそうだー。

 今遊んでいるプレイヤーの半数以上は東地中海が危険海域だった事をしらない。まして、マディラ沖が危険海域だった時代を知ってる人は全サーバーあわせても10名?20名?そんなレベルじゃないかな。危険海域に関しては最初の仕様に戻すべきだと考える俺です。



大海戦の準備メモ

大海戦の準備メモ

 毎回、忘れ物があるのではないかと心配になってしまう大海戦の準備。ここでまとめて書き留めておいて、大海戦に参加すると決まるたびに見直すことにする。


Ⅰ.船部品関連
 
 名匠カロネード砲16門orキャノン砲16門、特優シュミネ砲16門5基
 巧匠カロネード砲14門3基
 装甲5
 重装船尾楼2
 改良ゲルンステイスルor旋回-1のない特優帆4
 船首エンジェル砲
 船首像ガルーダ


Ⅱ.人間装備関連
 
 回避頭(回避+1)、スカリワグハット黒(貫通+1、操舵+1)
 マレシャルキュイラス金(回避+2、操舵+2、応急+1)orピー服緑(回避+2、水平+2、砲術+3)
 漆塗り角弓(水平+2、弾道+2)
 淡水海上戦記(水平+1、弾道+2、速射+1)
 修理付アイアングローブ(修理+1)
 スファジ、操舵靴、100ブーツ、ナイトサバトン


Ⅲ.消費アイテム

 手桶
 白煙弾
 轟音弾
 破壊の大錘
 予備帆
 予備舵
 撤収の鐘
 盟約の美酒
 酔い覚まし
 名工の大工道具
 マグロのオリーブステーキ
 主天使のヴェール
 速度UP系お守り
 海軍出動要請書
 戦闘技能上級教導書(余裕があれば)



■戦闘系スキルブースト考察
 -大学SPS/副官--------------------------------------------------------
 砲術補助3:砲術、弾道、貫通
 砲術補助4:砲術、弾道、貫通、水平
 エルナン:砲術、弾道(+水平)
 ランスロット:操舵、回避
 -職業----------------------------------------------------------------
 賞金稼ぎ 砲術15、水平10、弾道15、貫通17、回避15、修理15、操舵15
 砲術家  砲術17、水平15、弾道15、貫通15、回避10、修理15、操舵15
 上級仕官 砲術15、水平17、弾道15、貫通10、回避15、修理15、操舵15
 --------------------------------------------------------------------

※副官ブーストは全てエルナン(水平射撃付)とする
※他にもっと良い組み合わせがあるかもしれません

・賞金稼ぎ
 賞金稼ぎの場合は、”水平射撃”を思いっきり上げる感じでブーストを考えなければならない。装備品ブースト最大は+5(漆塗り角弓、ピー服緑、淡水戦記等)だからR20まで後+5必要。その残り+5は副官+1とSPS+1と教導書+3で補う感じ。副官だがエルナンを使うと”貫通”がSPS分+2の17までしかこないので、スカリワグハット黒とナイトサバトンで+20。この場合、回避はピー服緑と副官のブーストで+3…貫通をR19で妥協して回避+2の頭装備をつければ回避R20まで到達。
 スカリワグハット黒、ピースコッドベリード緑、ナイトサバトン、淡水海上戦記、漆塗り角弓
  (砲術20、水平20、弾道20、貫通20、回避18、操舵17)
 敬虔なる兜、ピースコッドベリード緑、ナイトサバトン、淡水海上戦記、漆塗り角弓
  (砲術20、水平20、弾道20、貫通19、回避20、操舵16)

・上級仕官
 上級仕官の場合は、”貫通”を思いっきり上げる感じでブーストを考えなければならない。装備品ブースト最大は+8(南蛮筒、バルタ専用服、スカリワグハット、ナイトサバトン、砲術家手記)だが、まずは他のブーストも考えて+4(鄭成功弓+1、スカリワグハット、ナイトサバトン)としよう。あと+6だが、SPS+2、教導書で+3…やっぱ上級仕官ではR19で妥協か…”弾道学”は素のR15にSPSで+2、副官+1、淡水海上戦記+2なのであれ??これでR20いくなら、鄭成功弓じゃなくて南蛮筒(貫通+2)を使うと貫通、弾道がこの時点で両方ともR20

 ”水平射撃”は素でR17あり、淡水戦記で+1、SPSで+1、あと副官にピー服緑があるのでR20まで余裕。”回避”は素でR15であり、副官とピー服緑でR18…R20届かん。ここでもやっぱり貫通と競合するのかな。頭装備を回避+2のものにすると回避R20貫通R19。ただ、上級仕官の場合もう1つの問題である操舵を強化できるスカリワグハットは魅力あったりする。
 スカリワグハット黒、ピースコッドベリード緑、ナイトサバトン、淡水海上戦記、南蛮筒
  (砲術20、水平20、弾道20、貫通20、回避18、操舵15)
 敬虔なる兜、ピースコッドベリード緑、ナイトサバトン、淡水海上戦記、南蛮筒
  (砲術20、水平20、弾道20、貫通19、回避20、操舵14)

・砲術家
 砲術家の場合は、”回避”を思いっきり上げる感じでブーストを考えなければならない。回避の装備品ブースト最大は+8(回避2頭、カッツ、マレシャル、エグモント杖等)だが、まずは他のブーストも考えて+4(回避2頭、ピー服緑)としよう。あと+6だが、教導書で+3、副官+1…ありゃ、2も足らん。とりあえずカッツバルゲル装備の+2でR20としよう。次に回避と競合しやすい貫通だが素でR15あり、SPSで+2、ナイトサバトンで+2で合計R19といったところかな。

 弾道学は素でR15あり淡水海上戦記+2、SPS+2、副官+1でR20、水平射撃は素でR15でありピー服緑+2、副官+1、SPS+1、淡水海上戦記+1でR20。
 敬虔なる兜、ピースコッドベリード緑、ナイトサバトン、淡水海上戦記、カッツバルゲル
  (砲術20、水平20、弾道20、貫通19、回避20、操舵16)
 

 うーん、こう見るとどれもどれだね。上級仕官が他に砲術家や賞金稼ぎより優れた点と言えば、突撃が優遇である点と、もしエルナンに貫通が付与できるようなら砲術系と回避R20+妨害まで到達できる点。今回は水平射撃付エルナンで固定したが、兵長副官に何を使うかによってスキルRが変わってくる。

 試しにエルナンに船長の秘伝書を使ってみた所、貫通は問題なく付与できる。ついでに造船も付与できる。余談だが造船スキルは付与できる副官が限られてるね。ニーナ、ジャファル、ヴィンセントには無理だった。

プロフィール

雷鳴

Author:雷鳴
大航海時代ONLINE

鯖:基本NOTOSサーバー活動
国:基本ポルトガル
型:基本オールラウンドプレイヤー
大海戦MVP:2回(対英1、対西1)
週間レース優勝:3回
[1週間公式ランキング記録]
戦闘ランキング三冠:11回
戦闘ランキングニ冠:9回
最高獲得冒険名声62642
最高獲得交易名声350000
最高獲得戦闘名声214078
最高獲得戦闘名声350000(ガナ護)
最高勝利数4314
最高戦功数17335
最高戦功数41916(ガナ護)
[2週間公式ランキング記録]
戦闘ランキング三冠:2回
戦闘ランキング二冠:1回
最高獲得戦闘名声153517
最高勝利数6783
最高戦功数27265
[ガナドールソロRTA]
87分24秒(1期)
[CDS世界周航レース]
第3位…145日
[2AGE世界周航レース]
不参加

長期休止:2回合計約3年半

対人はほぼ引退済み。現在は目指せN狩りマスター…とかいいつつ、商会維持のために1ヶ月ごとの課金。

FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別全記事表示
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
ブログランキング

FC2Blog Ranking