• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

日常的ななにか02

華南の文化貢献度上げに終始する

状況:華南文化圏で杭州まで開いてるキャラが1、泉州までのキャラが2の状態

 まずは先日書いたルート通りにマスリパタムで硝石を買って、マニラで銅鉱石を買い足しつつ安平に運ぶ。でもって揚州栗(漢陽)、泉州か杭州で適当な交易品に変える。それをカルカッタ~セイロンのどっかで売る。まず間違いなく暴落するので複数キャラの時はもって変える品を変える方がよさげだった。

 マスリパタムでの硝石積み込み費用は、硝石の値段が高い事もあって相場に左右されるのだが概ね4Mほど。鉱石取引R20の非同盟支持率30%のイスパニア国籍で131個買えるので、満載するのにカテゴリ2をだいたい15枚ほど消費する。さらにマニラでの銅鉱石購入費用も加え、全て考えるとだいたい1隻あたり6Mの経費を見込んでおけばよろしかろう。

 交換で得た南蛮品が銅手銃だろうが中国書画だろうが唐錦でも、インドでの売却価格は約1万前後。2000もっていけば20Mほどの利益がでますよという所である。文化貢献度を上昇させると言う目的があるにしてはそれなりに稼げてるように感じる。台湾、朝鮮の文化貢献度も合わせて上げてる時は特にそう。

 この時点で交換回数3。もう1回同じルートで回ったところで早くも南蛮品取得数の減衰が始まる。減衰は6回目の交換以降10%ずつ下がって10回目の交換で取得数50%。以降は下がらなくなる。ただ、これは南蛮交易品の取得数が減るだけであって交換で獲得できる文化貢献度は減らない

 だから、マニラ銅鉱石のピストン輸送が成り立つんだ。マニラで銅鉱石を仕入れ泉州~雲台山のどっかで交易品に変える。ただ、取得数50%の減衰があるので獲得できる交易品は良くて800とかそんなもの。そして、この銅鉱石が意外に曲者で、鉱石取引R20の同盟国イスパニア国籍で151個しか買えない。俺にはこれが予想外に少なく感じた。さすがに硝石よりは多くつめるのだが、多いといってもたかだか20個程度、カテゴリ2をやはり大量に消費してしまう。2000個満載にかかる費用は硝石の半分くらい。ただし、持ち帰れる南蛮品の売却価格がインドに比べ約半分なのに加えて、取得数も平時に比べて約半分なので、カテ2代を考えると利益がでるかどうか微妙な所である。

銅鉱石はなかなかな物だ。

 そうして積み込んだ銅鉱石を泉州~雲台山のどっかで南蛮品に交換するわけだが、なぜ澳門が抜けてるかと言うと澳門は前記3港に比べて鉱石の基本量がやや多くて文化貢献度を獲得しにくいからである。もってく華南南蛮品は街固有とロバ意外ならなんでもいい。交換できるものの中で一番数が多ければなんでもいいしその数は問わない。で、2000個の銅鉱石を泉州~雲台山で南蛮品に交換した時にどれくらいの文化貢献度が得られたかと言うと、在庫状況が特に多い事が無い場合で約2000。2000個輸送の1回で2000も文化貢献度を得られれば十分だと思う。ちなみに、銅鉱石でスイギュウ~揚州栗~華南というルートもやってみたが、揚州栗をもってしてもどんどんと目減りする交易品を補う事はできず、最終的に華南で獲得できる文化貢献度は3ケタ。労にあわない。

 1回で2000の文化貢献度を獲得できるとなれば、泉州が開いたばかりの状態(文化貢献度10000)からでも15回の輸送で湖筆の取引及び重慶を開く事が出来る。実際にやってた時は思ってたよりも楽な感じがしてた。1回にカテゴリ2を13枚使うとして15回なら195枚。最も1回で2000獲得できるのは鉱石が基本在庫近辺以下である必要があるので、毎回はそうはいかずもう少し回数がかかるかもしれない。鉱石の価値が倍増する状態変化は無い。

 昨日、当初は麝香を運んで華南の文化貢献度の獲得を目指したのだが、カリカットは香料が暴騰中、コチンも180%超えというクソ相場だったので硝石スタートに変えた。それが良かった感じ。もし麝香が買えてたならいずれ銅鉱石ピストンに変えたとしても何度かは麝香を運んで無駄な時間を費やしていたと思う。

koueki101.jpg
 日が変わって取得率を戻してから改めて硝石>スイギュウ>揚州栗、と交換してから初湖筆獲得
 遠距離南蛮交易回数300回以上で始めて湖筆獲得しました。


唐錦と揚州栗

 始めて湖筆を獲得して嬉しい反面、やっぱり湖筆ルートはサブルートだなと感じた。狭織に比べいろんな街の状態に左右されるからから交換がやや難しい。泉州は鉱石の基本在庫が低く減衰もそれなりにあるけど、硝石でも一発2000交換は無理なんじゃないかな。となると揚州栗経由みたいになり…。途中に交換を挟むという事は時間がかかるし、サブ南蛮品交換用の交易品も持ち込みにくい。何か一発で湖筆2000を抜いていける東アジア外の交易品があればいいけど、洋書はどうだろうね。

 例えば俺がメインにしてる中華スタイル+αは、マディラでワインと干しブドウをだいたい5.5:4.5くらいの割合で積み込み、航海中にワイン生産。堺に着く頃にはだいたいワイン2000-干しブドウ400とかになってる。そのワインで狭織2000を交換し、残りの干しぶどうをワイン化。そのワインで種子島又は、日本刀>鹿皮、場合によっては和書物のいずれかをサブ南蛮品として持ち帰る。うち一隻は日本刀、日本画、西陣織で暴落調整とコンボ増加を兼ねた南蛮品にする。高速輸送する時はマディラでワイン&干しブドウを適当に満載しヴェールと風霊で突っ走る感じ。

 日本以外の南蛮品で狭織を持っていくときは華南の唐錦朝鮮の揚州栗あたりを使うんだけど、この2つの南蛮品の日本に対する優劣を考えると南蛮貿易というシステムの面白さが見えてくる。単純な価値でいうと唐錦3856、揚州栗3226(PB記載)であり、さらに唐錦は街固有品でないため+20%の効果もあるというところから圧倒的に唐錦の優位なわけだが、揚州栗(食料品)は冷害、疫病、祭りの状態変化で価値が倍増する。唐錦(織物)も造船特需で倍増するんだが、堺の造船特需って…俺記憶に無いかもw というところから状態変化を利用するなら栗なんだよね…こっちは湖筆に変更する事もできるし。



海上でも標が
bouken101.jpg

 とんでもないゆとり式大航海時代だよ。これじゃ本当にゲームじゃなくて作業だ。



くじ
オニキスの首飾り 111111
海事お守り    111111111
ガリレオ望遠鏡  111111111
特別納品書    1111111111
再交渉要望書   111111111111
断片地図     1111111111111
名工の特殊修理道具11111111111111111111111111
大型全体設計図  11111111111111111111111111111111111111111111
冒険ギルド登録証 1111111111111
海事ギルド登録証 1111111111111
商人ギルド登録証 111111111111111111
ウェアハウス増築 11
ラック増築    11
ストレージ増築  11
キャビネット増築 11

 増築道具がどの種類に対応してるのか良く判らない。しかし、この増築道具は大航海時代ONLINEのゲーム内で現在でも入手可能なアイテムのうち、残された数少ないレアと呼べる部類のアイテム。それをこんなところでばら撒く(というほどでもないかもしれないが)か。この所のイベントは全てがゲーム内レア潰しに終始してるように思えてならない。以前、とある人と東アジアでの海事中に話した事がある、”コーエーは価値あるものが課金アイテムのみになるように仕向けてるんじゃなかろうか”と。

 この増築道具はまともにダンジョンで手に入れようとすると、だいたい(俺の体感)200周~300周に1個、500周しても手に入らない事があるくらいのもの。それくらいレアなのにアパルタメントの+4家具作成に使われるとか、コーエーのバランス感覚の欠如を疑わざるを得ない良い例である。効果は永続的にアパルタメントの各種収納数を増やすもの。今の上限は+3かな。それがたかだか100Mで取引されてしまうのが残念。

 増築道具を別にするとやはり大型全体設計図が最も嬉しい。再交渉要望書もまずまず。特別納品書は俺的にはほとんど必要なく、断片地図はあまり気味。名工の特殊修理道具は銀タロで微妙に回復しきれなかったところに使うか、あるいは何かの目印的に耐久を上げるか、あまり重要な用途はない。あとはゴミ。


スポンサーサイト



日常的ななにか01

このところ南蛮交易相場に恵まれてる

いつもは中華スタイル+αしかやってない俺だが、この二日間はこのルートをも使ってみた。

 硝石>銅鉱石>スイギュウ(安平)>揚州栗(漢陽)(>唐錦(雲台山他))>狭織(堺)

 まず硝石をマスリパタムで各2000個つんで、マニラで銅鉱石をそれなりに積む。銅鉱石は硝石のみでの交換では2000個行かなかった時の保険。硝石での交換が等数に微妙に足りないラインだと2000個調整が非常に難しいのが難点ではある。

 上のルートのうち安平と漢陽は不景気の時が良く、堺は疫病や冷害になると嬉しい。それがここ二日間連続で起ってるんだよね。昨日は安平が不景気だったのでスイギュウが抜き放題な上、漢陽が鉱石も低かったので硝石そのまま持ち込んでも揚州栗が等数以上で獲得できた。さらに堺が疫病ときた日にゃ、工芸品取引も南蛮貿易優遇もいらない状態。

 今日は安平が平常だったが、硝石パワーでスイギュウを等数交換。変わって漢陽が不景気で食料品が余りまくってたのでやはり揚州栗が等数抜ける。それを冷害状態だった堺へ…すると堺の食料品はグラフの下線にへばりついてる状態。なんかコレ、2000個制限なかったら2000個の硝石が最終的には3000個以上の狭織になってそうな雰囲気だった。今日は安平が平常なのに銅鉱石でスイギュウを等数交換できそうな勢いでもあったね。

 余った銅鉱石は華南に持ち込んで適当にイベリア系南蛮品(スターアニス豆板醤)と暴落調製品の唐錦に交換する(中国書画、竹でもいい)。んでもってアンボイナで香辛料2種を埋められるだけ買って帰路へ。これが俺の南蛮貿易のサブパターンの1つ。揚州栗のあと澳門の豆板醤で完結すると日本以外の貢献度が満遍なくあげられて、しかもそこそこ儲けられるのでいい感じだと思う。まぁこのルートをやる前にいつものメインルートを1回行ってるんだけどねw

 そして今日はピンクダイヤを積もうと、アンボイナで各船の船倉を50ほど開けてカカドゥ経由でピンジャラへ向う。これで名産品7種のコンボが出来たわけだ。1キャラだと華南で1種しか南蛮交易品を抜けないから5種か。


 今は華南の文化貢献度を上げたいんだけど、それには何がいいんだろう。銅鉱石>適当な南蛮品>銅鉱石>適当な(ryのループでもいいのかな。だいぶカテ2を消費するっぽいけど、東南-東アジアの安全連動期間中にやってみよかな。



地中海アフリカ北岸沿岸の盗掘団?盗賊団?

 今更かもしれないけど、この盗賊団だか盗掘団だかいうガレー+軽ガレー2隻のNPC艦隊。チャレンジミッションのために白兵戦で狩っていると、名匠の鍛治道具を落とした。ずっと以前からというわけではなさそうだな。いつから落とすようになったんだろうね。


交易マイヒストリー

交易マイヒストリー

(なんか書いた事あるような気がするけど)
 重装船尾楼を買うお金と、造船代金を溜めるためまた南蛮貿易へ出かけている俺です。先日、東アジアが安全化し、14日までは東南-東アジアの安全連動があるので貢献度をあげようかなと考えている。というところで、回顧録”交易マイヒストリー”。注)金儲けではなく交易


1.一番最初
 商用ガレオンにも乗れない頃に一番お世話になってたのがコペンハーゲンの”琥珀”。これを東地中海に運んで1Mの利益で喜んでた頃。宝石取引を持っていたのか、持ってなかったのかそれすら定かではない。ブーメランして必死に積んでたのは覚えている。

2.インド到達
 インドにまで到達するにはある程度の名声が必要だったので俺はゲーム始めてから2週間くらいかかってたと思います。カリカットの”胡椒”、これをヨーロッパに持ち帰り主にファロで売りさばいてた頃。買値が300Dくらいで売値は大体6000Dくらいだったかな、当時はふっかけで売値を上げる事をほとんど気にしてなかった。俺が当時のレベル上限である交易レベル50に達したのはこの交易をしてる頃だった。利益は一隻当たり4Mくらいでるくらいだったか。

3.宝石交易
 宝石交易といっても大きく分けて2種類あって、西アフリカの”ダイヤモンド”かインドの”ルビー&サファイア”。俺はどっちを先にやってたかというのを覚えていない。近距離のダイヤか遠距離のインド宝石か、遊べる時間に合わせて或いは相場がチャットで流れるのでそれにあわせて出かけていた。ゴアの宝石が暴落してようものなら、買い付けブーメランでゴア前が凄い事になってたのを覚えている。そしてセイロンにルビーとサファイア両方が売られているとわかった時には歓喜したものだ、ウンウン。途中、サントメの真珠を運んだ事もあったのだが、あれは買える量が少ないだけで利益も少なかった。
 ただ、宝石類はイベリア系国家にはちょっと不遇な売値設定だったね。それでも東南アジアが解禁になるまではずっとコレをやってた俺はわざわざ北欧まで運んで売ってたわ。利益は一隻あたりだいたい15Mくらい…だったかなぁ。当時の商船は商用クリッパーや商大ガレオン。この頃になってようやくまともにふっかけを意識するようになった。

4.東南アジア香辛料交易
 主にアンボイナの”ナツメグ”と”メース”を運んで欧州で売る。宝石類が北海方面に比べイベリアでは大きく売却価格が劣るのに対し、これらの香辛料は差はあれどそこまで大きな差ではなかったのでふっかけ交渉のしやすい自国港で売れるのが良かった。これらは仕入れ値は安いんだが、胡椒と違って元もとの買い付け量が少ないため、取引スキルが育ってないと買いにくかったというのはある。利益は一隻当たり20M近い事もあった。
 この当時、香辛料交易と共に流行ったのが、羽毛むしり。はい、俺もコレで交易キャラを商大クリッパーに乗れるようにしましたね。この頃になってようやくメインキャラと交易で使うセカンドキャラを分けられた感じ。この頃はまだゴールデンタイムのカナリア沖には必ずPKがいる感じだったんだけどなァ。

5.南蛮貿易
 今やってる。時を同じくして副官船などというものが実装されたため、単純に倍の利益。それに南蛮品の高い売却価格もあって香辛料交易時代の6倍以上の利益が出てた頃も(あったが、今は多少南蛮品の売却価格が抑えられてしまっている)。

 ま~なんていうか俺の場合、フランネルやベルベット、ジャスミン、金、銀細工などでは金儲けをした事がない。やっぱり慣れたものが一番じゃないかという事でその時々にやってた交易をずっと続けてた感じだね。カリブに出かけたときはジャマイカでめのうを積んではいたけど、それは主力交易品ではなかった。


南蛮文化貢献度上げ

南蛮文化貢献度上げ

 東南アジアと東アジアが安全海域で連動している間に南蛮文化貢献度上げをしている。
 最終目標は華南文化圏の”湖筆”獲得であるが、南蛮貿易に一日の回数制限が入って以来、急に文化貢献度を稼ぐ事は難しくなったので、今回の連動安全期間中は”朝鮮”と”台湾”の文化貢献度をある程度まであげられればいいかなと思っている。

 当面の目標は朝鮮文化圏の”揚州栗”獲得と台湾文化圏の安平開港と考えている。揚州栗はいわずもがなの湖筆前の準備。実は台湾文化圏は淡水も安平も結構似通った変動をするので、片方が駄目(交換率が悪い)な場合にもう一方を選択できるようにするという意味が強い。強いて言えば揚州栗の前のスイギュウ?みたいなw

 台湾はどちらの港とも鉱石の減りが相当大きく、不景気でも減るくらい。むしろ不景気になってくれたほうが他の交易品が増えるので台湾は不景気である方が使えるんじゃないかと思ってしまう。
硝石>台湾(スイギュウ、もしくはアイギョク)>漢陽(揚州栗)>泉州(湖筆)
という交換ラインは、俺はやったことないけど結構有名なんじゃないかと思う。

 

自走型大型福船

旋回と対波、船室強化
 いずれ作ろうかなと思いつつ先延ばしになってるこの船。この前それっぽい船を見かけたので強化性能を覗いてみると探検船で帆MAX、対波+16、旋回+16だった。5回のFS強化でここまでもっていく事は可能だろうか?? 元々の旋回値は6でありフルリグド帆6枚張る事を考えるとこの時点で旋回0、さらに増量すると-1になる。対波値は元々10あって荒天航行だけ考えると+1でいいけど、このあたり商船ならできる限り上げたい所ではあるね。船室強化は-12がベスト。だが、自走型でこれを達成するのはまず無理。

帆性能
 5回のFS強化と探検船のグレードボーナス(+15)で強化MAX値117にする。つまりFS強化では縦横+105にできればOKとなる。パッと思いつくところではスクエア、スクエア、ラティーン、ラティーン、特注マスト、これで主帆1個分を余して中間値で縦横+105となる。ギリギリだが縦帆が失敗した場合のみ最後にガフを入れることで保管できる。変わってスクエア、スクエア、ガフ、ガフ、ガフ、特注マストなら縦+105、横+115で横帆はほぼ確定で+105まで行く。縦と横、どちらを重視するかでどちらの組み合わせにするか決まるね。

付与スキル
 ”南蛮貿易優遇”は必須、これの無い大福はいらない。それと自走型なので”急加速”も必須、これはスキルボーナスで継承させる。もう1つは”工作室”を考えているが、強化性能次第ではなくても良い。専用艦スキルはとりあえず”副官室”だろうかね。

グレードボーナス
 グレード1のボーナスは”急加速”で決まり。グレード3のボーナスは今のところ”対波強化”か”加速強化1”を考えている。


 このあたりをふまえてざっと強化仕様を考えると…
1/5:汎用帆、汎用大砲、ポルトガル公用装材
(初期化)
1/5:大スクウェア、舫綱、提督居室     :縦-5、横+45、旋回+5、対波+1、倉庫-2
2/5:大スクウェア、舫綱、舫綱       :縦-5、横+45、旋回+6
3/5:大ラティーン、提督居室、提督居室   :縦+45、横-5、旋回+4、対波+2、倉庫-4
4/5:大ラティーン、東アジア貿易船倉、貯蔵庫:縦+45、横-5、倉庫+10、船室-2
5/5:大ガフ、特注マスト、工作室、貯蔵庫  :縦+55、横+25、倉庫+10、船室-4
合計強化値:縦+135、横+105、旋回+15、対波+3、倉庫+14、船室-6
SR強化含めると:縦+150、横+120、旋回+17、対波+5、倉庫+14、船室-6

むむっ、なんかしょぼいぞ

 やっぱり特注マスト以外にも課金アイテム使わないと満足いく性能にはならないっぽいな~。
 おまけにこれで+20%だから倉庫も最大増量船に比べたらだいぶ低いな。
 グレード3ボーナスで”加速強化”を選択すればこの性能のまま、”対波強化”を選択すればこの性能に対波+7となる。悩むところだね。あくまで自走型に重点を置くなら工作室付与は諦めた方がいいかもしれない。仮に工作室をやめるなら2/5で予定してる舫綱もあわせて変更しなければならない。2/5と5/5の計4兵装が全て提督居室になる。中間値で上の仕様に比べ旋回が2上がり、対波が4上がり、倉庫が18減る。うーんんん、いくら航行性能を上げるためとは言え、これでいいのだろうかと思うような倉庫値になりそうである。



プロフィール

雷鳴

Author:雷鳴
大航海時代ONLINE

鯖:基本NOTOSサーバー活動
国:基本ポルトガル
型:基本オールラウンドプレイヤー
大海戦MVP:2回(対英1、対西1)
週間レース優勝:3回
[1週間公式ランキング記録]
戦闘ランキング三冠:11回
戦闘ランキングニ冠:9回
最高獲得冒険名声62642
最高獲得交易名声350000
最高獲得戦闘名声214078
最高獲得戦闘名声350000(ガナ護)
最高勝利数4314
最高戦功数17335
最高戦功数41916(ガナ護)
[2週間公式ランキング記録]
戦闘ランキング三冠:2回
戦闘ランキング二冠:1回
最高獲得戦闘名声153517
最高勝利数6783
最高戦功数27265
[ガナドールソロRTA]
87分24秒(1期)
[CDS世界周航レース]
第3位…145日
[2AGE世界周航レース]
不参加

長期休止:2回合計約3年半

対人はほぼ引退済み。現在は目指せN狩りマスター…とかいいつつ、商会維持のために1ヶ月ごとの課金。

FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別全記事表示
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
ブログランキング

FC2Blog Ranking